この度は放課後等デイサービス アトリエたいようのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

株式会社たいよう代表取締役兼アトリエたいよう管理者の内山恵美子です。

子どもの頃母が障がい児支援のボランティアをしていたこともあり、とても身近な存在で、よく障がいのある子達と一緒に遊んでいました。

東日本大震災の年に福島県の総合病院の小児科病棟で5ヶ月間、病棟保育士のボランティアをさせていただきました。

その後、石巻市立の小学校に1年間勤務をしながら夜は中学生に受験勉強を教えるボランティアをしました。

東京に戻ってからは障がい児のガイドヘルパーを経て、都立の特別支援学校に3年間勤務させていただきました。

この6年間で様々な病気や障がいを抱える子、家庭環境に悩みを抱える子ども達など、たくさんの子どもたちと向き合ってきました。

一見すると弱くて助けてあげなきゃいけないような存在に思える彼らですが、実はその正反対です。

私は毎日彼らからたくさんの元気をもらい、成長させてもらいました。本当にたくさんの幸せをもらいました。

私にとって、子どもたちは太陽です。そんな子どもたちに照らされる人が一人でも多く増えるよう、アトリエたいようは人と人、人と社会をつなぐ場所を目指します。

また、幼い頃とても貧乏で、決して恵まれたとは言えない家庭環境で育ちました。

そんな食費や学費もままならない中で母はアート教室に通わせてくれ、美術館で一流の芸術をたくさん見せてくれました。

その経験が今の自分を作ったのだとも確信しています。

アートもまた、私にとっての太陽です。

そんなアートの力を信じて、子どもたちが自由に創作、豊かに表現できる場を創っていきたいと思います。

 

株式会社たいよう 代表取締役

放課後等デイサービス アトリエたいよう 管理者

内山恵美子